iPhone6の在庫対策できてるの?前回の例を口コミ

まだ正式な発表のされていないiPhone6だがその期待度はかなり高く、iPhone6の検索ランキングも高まっている印象があります。

前作のiPhone5Sが発売されてからもう一年近くが経つので、そろそろバッテリー等も弱まり買い換えたいと考えているユーザーが多いのだろうと推測されます。

そんなiPhone6なのですが、販売予約数に対する在庫管理対策は出来ているのでしょうか?

私はiPhone5の時に購入したのですが、毎回iPhone在庫に対するユーザーの評判は良くなく、私が購入した際も実際手元に届くまでにはauの対応者の予測よりかなり遅くなっていた。

少し前後することは仕方が無いと思いますが、恐らく来週中には回ってくるという話だったのにも関わらず一ヶ月も待たされた時は、海外へ行く用事もあったのでギリギリになってしまったことで大変肝を冷やしました。

当然予想外の売れ行きなどによって多少販売数が上回り在庫が無くなるということはあるでしょうが、毎回在庫が追いつかず購入者を待たせているのですからもう少し早く正確な対応をしてもらいたいものですね。

もしくは、あえて在庫を上回る予想以上の売れ行きということで評判を煽って更なる購買意欲を刺激しようとしているのだとしたら迷惑な話です。

販売戦略の一つとはいえユーザーの満足度に対してももう少し配慮してもらいたいところですね。

iPhone6の発売自体はとても楽しみなので、今回は在庫問題もスマートにクリア出来ていることを祈りましょう。



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。