iphone6の在庫をdocomoは確保出来るのか

iphone6の発売日とされる9月が迫っています。各キャリアとも昨年のiphone5Sの発売の時と同じように、販売に力を入れてくるでしょう。

昨年のiphone5Sの時には、docomoは在庫の確保に失敗したのでしょうね、ソフトバンクやauには在庫があるのにdocomoには何処にも無いとゆう状況が何ヶ月も続きました。結果docomoは顧客獲得に失敗して、iphoneで新規顧客獲得やMNPでの顧客確保を思い通りに出来ませんでした。

さすがに今回のiphone6に関しては在庫を大量に確保してくるでしょう。しかし、現在気になっているのはiphone5Cの存在です。3キャリアとも昨年はiphone5Cの販売に最初は力を入れてましたが、実際に売れたのはiphone5Sのほうでした。

聞いた話によると、docomoにはiphone5Cの在庫が山のように残っているらしいのです。売れ筋ランキングにもiphone5Cの名前は全くといって良いほど出てきませんし、一体現在抱えてる在庫の処分はどのようにするのかが気がかりです。

おそらく、例年のソフトバンクなどの売り方を見ていると、一括0円とゆう売り方しか販売する方法が残っていないような気がします。

商品自体はなんら問題ないのに0円で販売されてしまうとゆうのはやはり商品価値を下げてしまいますし、結果iphoneはタダで無いと買わないとゆう悪いサイクルを生み出してしまいそうです。実際に一括0円になら無いと購入しない人も多数いると聞いています。

iphone6が一体いくらで販売されるのかはまだ分かりませんが、発売直後に購入したユーザーが損をしないような販売価格の維持を望みたいです。

特に最大キャリアのdocomoには他社に惑わされずに、商品価格の維持と商品価値の保護を優先して欲しいです。



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。