iphone6の形やデザインを予想(最終話)

iphone6は今年の秋ごろに発売されるのではないかと言われていますが、今までのiphoneと比べてデザインや形などがどのように変わったのか見ていきましょう。

こういった情報は何度もありましたが発売日間近ですので最後の予想となります。

まずiphone4からiphone5sまでは全体的に角があり、角ばった形でしたが、iphone6は全体的に丸みを帯びた形になっています。この形はiphone3やiphone3gsなどと似たような形をしています。

iphone6ではデザインが変わるので、やはり画面も大きさも変わってくるようです。iphone5sでは4インチで解像度が1136×640となっていましたが、これよりも大きくなります。

iphone6では大きさが2種類用意されていて、4.7インチの解像度1338×750小さいのと、5.5インチの解像度1568×878の大きい形の2種類になります。

小さい方はiphone5sと横幅はそれほど変わりませんが縦が少し大きくなります。5.5インチの方はかなり大きくなります。またどちらも、画面の横のスペースがほとんどなくなり、iphone6の横幅いっぱいに画面が使用されています。

まだ、はっきりとした発売日は公表されていませんが、2014年9月か10月には発売となるようです。



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。